メンバー

Tenor Trombone

黒岩 亮宏

kuroiwa

岐阜県可児市出身、1974年7月生まれ。
中学入学時に吹奏楽部でトロンボーンを始める。
高校入学後もトロンボーンを続け、高校3年生で「可児ウィンドオーケストラ」を設立。
1998年に「可児トロンボーン四重奏団」の結成に参加。(2004年解散)
2001年、「可児ウィンドオーケストラ」に首席制度が採用され、同団2人目の首席奏者に就任。
同年、「名古屋シンフォニア管弦楽団」に入団し管弦楽のキャリアをスタートさせる。

2004年に「名古屋シンフォニア管弦楽団」を退団。管弦楽の活動を休止する。
その一方でソロ活動に注力し、2005年、2006年と2年連続でソロリサイタルを開催。
2006年には「可児ウィンドオーケストラ」と、F・ダヴィッドの「トロンボーン小協奏曲」を共演する。
同年9月、「多治見市交響楽団」に1番奏者待遇で入団。管弦楽の活動を再開。
2007年1月、長年の夢であったフランススタイルのトロンボーン四重奏団である「クロッシングスライズ四重奏団」の結成に参加。
同年3月、東海地区のアマチュア奏者を結集した「名古屋トロンボーンアンサンブル」を提唱、その結成に参加。
2007年12月には3度目のリサイタルを地元可児市で開催し、H・トマジの「トロンボーン協奏曲」を快演する。
また2008年11月には「可児ウィンドオーケストラ」の第9回定期演奏会で、ヨハン・デ=メイ作曲の「Tボーン協奏曲」を独奏する。(アマチュア奏者による初演)
2009年1月、4度目のリサイタルを開催し、グロンダールの「トロンボーン協奏曲」やC・スモールの「カンヴァセーション」(バストロンボーン岡田泰浩)を演奏。
2009年12月、「多治見市交響楽団」を退団し、「名古屋市民管弦楽団」に移籍。

2010年1月、東海地区のアマチュア金管奏者を横断的に集結させた「名古屋ブラスアンサンブル」の結成に参加。新たにブラスアンサンブルの活動もスタートさせる。
2011年9月、湯浅篤史氏に請われ「京都新祝祭管弦楽団」に入団し、2012年12月に「名古屋市民管弦楽団」を退団。
2013年3月には5回目となるソロリサイタルを地元可児市で開催し、イウェイゼンの「ソナタ」やアッペルモントの「カラーズ」、ディロレンツォの「リトルカウボーイ」などを熱演する。

2015年1月、新田幹男氏(N響首席奏者)率いる「Trio Diesel」に影響を受け、「Trio Fusion」を結成。トロンボーン3重奏の活動を始める。

2016年1月、脱退した名古屋トロンボーンアンサンブルに復帰。特にPrincipal Playerを贈られる。

現在、可児ウィンドオーケストラ首席トロンボーン奏者、京都新祝祭管弦楽団トロンボーン奏者、
名古屋ブラスアンサンブルメンバー、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー、クロッシングスライズ四重奏団メンバー、Trio Fusionリーダー、関西トロンボーン協会会員、名古屋トロンボーン協会理事。

トロンボーンを呉信一氏(サイトウキネンオーケストラ 東京音楽大学教授)に師事。

使用楽器
Alto  Glassl 8903SS-GP
Tenor  Edwards T396-A(Alessi Model)
Tenor  Edwards T383-A(Straight Alessi Model)

使用マウスピース
Alto  Yamaha Shin-ichi Go 3C
Tenor  Griego Alessi 1C

 

林 智之

IMG_1390

大阪府大阪市出身、1972年3月生まれ。
小学4年時に大阪市内のブラスバンド教室でトランペットを始める。
中学入学時より同教室にて、トロンボーンにコンバートされる。
高校、高専時は吹奏楽部にてトロンボーンを続けたるも、就職と同時に演奏活動を休止。
その後、15年ほどのブランクを経て、滋賀県の一般吹奏楽団にて本格的にトロンボーンを再開。大津吹奏楽団、リプルウィンドオーケストラ、草津吹奏楽団などを渡り歩く一方、金管6重奏団「シャロム」の立ち上げに参加する。
また、名古屋トロンボーンアンサンブルの練習生として、半年間ほど活動する。
2016年1月、名古屋トロンボーンアンサンブルのリスタートに伴い、正式にメンバーとなる。

現在、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー。

使用楽器
Getzen 4047DS
使用マウスピース
Griego NY 4

 

吉田 孝

IMG_1391

福井県敦賀市出身、1977年2月生まれ。
中学の吹奏楽部でトロンボーンを始める。高校は吹奏楽部にてトロンボーンを続け、1995年名古屋大学交響楽団に入団。
1996年名古屋ブルックナー管弦楽団に出演。以後2004年まで演奏活動に取り組み、2014 年まで10年のブランクを経て、2015年室内管弦楽団「辨天」に出演。2016年1月、名古屋トロンボーンアンサンブルのリスタートに伴い、正式にメンバーとなる。
現在、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー

使用楽器
Edwards T350-CR-E
使用マウスピース
Griego NY 3.5

 

羽深 智

IMG_1377

群馬県前橋市出身。
小学校の金管バンドでトロンボーンを希望するも、ユーフォニアム担当となる。中学校、高校とユーフォニアムにのめり込む。
大学進学を機にトロンボーンに転向。京都大学音楽部交響楽団に入団し、第191、192回定期演奏会で首席奏者を務める。
2015年、名古屋市民管弦楽団に入団。
2015年6月、Trio Fusionに参加する。
2015年10月、名古屋ブラスアンサンブルの活動に参加。
2016年1月、名古屋トロンボーンアンサンブルのリスタートに伴いメンバーとして参加する。
現在、名古屋市民管弦楽団トロンボーン奏者、名古屋ブラスアンサンブルメンバー、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー、Trio Fusionメンバー。
トロンボーンを古賀光氏(読売日本交響楽団首席)に師事。

使用楽器
Edwards T396-A(Alessi Model)
使用マウスピース
Griego Alessi 1C

 

Bass Trombone

岸本 圭史

kishimoto

愛知県名古屋市出身。1982年6月生まれ。
中学校に入学後、吹奏楽部でトロンボーンを始める。
2009年、名古屋シュピールシンフォニカに入団。
2012年の名古屋マーラー音楽祭をきっかけに黒岩と出会い、様々なオーケストラ、アンサンブルへ活動の幅を広げる。
2013年、京都新祝祭管弦楽団に入団。
2014年1月、名古屋ブラスアンサンブルに参加する。
2015年1月、Trio Fusionの結成に参加する。
2016年1月、名古屋トロンボーンアンサンブルのリスタートに伴い、同アンサンブルの代表(リーダー)となる。
現在、名古屋シュピールシンフォニカ バストロンボーン奏者、京都新祝祭管弦楽団バストロンボーン奏者、名古屋ブラスアンサンブルメンバー、名古屋トロンボーンアンサンブルリーダー。
バストロンボーンを野々下興一氏(東京都交響楽団)に師事。

使用楽器
Edwards B502-I-R
使用マウスピース
Griego GP7

 

岡田 泰浩

y_okada

岐阜県可児市出身、1974年3月生まれ。
4歳でピアノを習い始め音楽に親しむ。
中学校で吹奏楽部に入部。トロンボーンを始める。
高校進学後もトロンボーンを続け、高校在学中に「可児市消防音楽隊」に入隊。
大学に進学後、「名古屋大学交響楽団」に入団。
1995年、「可児ウィンドオーケストラ」に入団。
1998年、地元の後輩を集め「可児トロンボーン四重奏団」を主宰。バストロンボーンへ転向。
2006年、日本アマチュアアンサンブル組織のドイツ演奏旅行にエキストラ参加。
2007年、4本のクルトワ社製テナートロンボーンによる四重奏団、「クロッシングスライズ四重奏団」の結成に参加。
同年、東海地区のアマチュア奏者を集め、「名古屋トロンボーンアンサンブル」を主宰する。
2009年1月には、自身初めてとなるソロリサイタルを開催し、C・スモールの「カンヴァセーション」(テナートロンボーン黒岩亮宏)などを熱演する。
2010年1月、新たに設立された「名古屋ブラスアンサンブル」の結成に参加する。
2012年4月より2年間ほど「京都祝祭管弦楽団」に参加。

2014年10月、「名古屋トロンボーンアンサンブル」を脱退するも、2016年1月に復帰。

現在、可児ウィンドオーケストラ バストロンボーン奏者、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー、クロッシングスライズ四重奏団メンバー、関西トロンボーン協会会員。
バストロンボーンを小幡芳久(名古屋フィル)、小西元司(京都市響)、吉田勝博氏(大阪フィル)の各氏に師事。

使用楽器
Edwards B502-I-Y
使用マウスピース
Griego GP7